パニック秘密のゲーム概要


配信日:2021年5月28日
原題:Panic
原作:ローレン・オリバーの同名小説
Amazonオリジナル作品、全10話

前半あらすじ


【第1話:パニック】
テキサス州にある小さな町カープ。主人公、ヘザーは親友のナタリー、ビショップと共に高校を卒業をする。

皆家族が式へ参加し、記念撮影をしているが、お祝いに来たヘザーの母は娘に金をせびる。

家はトレーラーハウスで、父親はいない。

彼女は、大学で会計学を勉強しようとバイトをしてこっそりとこつこつお金を貯めていた

あともう少しで、費用が賄えるところだったが、バイト先からは余裕が無く解雇になってしまい、この小さな町では特に仕事がない。

【高校卒業後】
親友のナタリーは、ハリウッドに行きたい夢があり、今年の『パニック』に参加すると言う。父親は保安官コルテスの部下だ。ヘザーは、危険だから参加して欲しくないと言うが、彼女はやる気に満ちている。

この小さい町では、高校を卒業したらパニックに参加する資格があり、勝ち残るのは1人だけで、優勝者には多額の賞金でこの町を出る。

この町の保安官、コルテスは、去年、死者も出ているこの10代の危険なゲーム・パニックを止めようとしている。

 しかし、このパニックを知っているのは参加した人たちと、見学者達だけで、保安官達は詳細を知らない。

もう一人の親友のビショップは大学へ進学する。ビショップはパニックには参加しない。パニックに参加する卒業生のレイは、パニックの為の寄付を、半ば無理やり毎日生徒から集めており、父親は刑務所にいるようだ。

花火の合図で、パニックが始まった。卒業生達は、皆どこでやるかを知っている様で、ぞろぞろと集まって来た。保安官達も、パニックの開催場所へ行こうとするが、あちらこちらで花火が打ち上げられ、どこで開催するの特定できない。

後半あらすじ


※ネタバレ含む
【1回目のチャレンジ・崖の上から下の湖に飛び降りる】

今回の賞金は5000ドル。(およそ540万円)前回は3000ドルだったらしい。

ナタリーの番が来て、彼女も飛び込みに成功する。

そして、あまり知られていない、転入生ドッジもパニックに参加しており、少し高い位置から飛び降り、25ポイントをリードする。

一方、帰宅したヘザーは、キッチンに置いておいた大学の書類が無い事に気づく。母は、妹がお絵かきで一緒に片付けたと言い、探すと用紙は見つかった。

が、タンスに隠してあった、現金の大半が消えている。5000ドル近くあったのに、ほぼないのだ。

母親に怒って聞くと、車の修理に必要だったと言い、全く悪びれていない。

ろくに料理もせず、ドラッグと煙草と酒代に消えているのに、と怒る娘に、あんたの服はあたしが買ったのよ、と逆切れしている始末だ。

怒りと悔しさでやるせないヘザーは、大金を得るにはパニックしかないと思い、車で崖へ向かう。

ヘザーが来て、ナタリーは、急に参加しだすヘザーに怒るが、彼女は最後のチャレンジャーとして、崖へ上る。

一番上から飛び降りると、高ポイントを得られるため、彼女は飛んでいた蛍に導かれ、一番上まで行く。緊張しながらも助走をつけジャンプをする。

感想


10代向けのドラマと知っていて、予告を見て、怖いのかどうか確かめたくて、第1話を見てみた。主人公のヘザーは可愛いくて、良い子だけど、母親が完全な毒親で可哀そうだな、と思ってた。

で、頑張って貯めていたお金を母親に盗まれ、パニックに参加するんだろうな、と予想はついた。

しかも、町を出るにはこのパニックに勝つしかないっていうのが意味不明だったんだけど、この田舎の町を高校卒業後に出るには、他の州の大学に進学するか、働くしかないという事で、金があれば別に自由にこの町を出ていけるから、ちょっと言い方が大げさかな、と。

まぁ、でも町の中心にある商店街みたいな通り以外は何も無さそうな感じだし、卒業生の親たちも皆お金があるわけではない様なので、パニックに参加する設定みたい。特に主人公のヘザーにはお金がない。

で、第2話も見てみようと思った理由が、皆それぞれキャラに秘密があるっぽい感じで、そこが気になったから。

1年前に転入してきたドッジも、何かしらありそうだし、パニックの主催者とジャッジは誰なのかな、と思って。