前半・あらすじ


【第2話・高所/Heights】
助走をつけジャンプをしたヘザー。ジャンプは成功したようだ。

ヘザーとナタリーは仲直りをし、2人で協力して優勝しようとなる。ナタリーはドッジが気になる。

ヘザーはバイトが見つからない中、町で買い物途中の中年女性を助けたところ、農場を経営しているその女性から、うちでペンキ塗りなどのバイトをしないか?と持ちかけられる

ヘザーの母はまた家賃を滞納しており、今は一時的に彼氏と寄りを戻している。

昨日の花火がうるさいと言ってきた人物、(去年の犠牲者アビーの親友)と名乗る人をコルテスの部下、ラングレーが訪ねる。

彼女は、昼間から酒を飲み、パニックの事は口を割らないが、パニックのヒントは町中にあると教えてくれる

ラングレーは、映画館の抜けているアルファベトから場所を割り出し、そして貯蔵倉庫に落書きされたビデオから謎解きを始める

【2回目のチャレンジ】
90秒以内に高所で綱渡り

・ヘザーは成功、レイはヘザーが渡り終わるまで上で待っている

・ドッジの時にレイがレザーポイントで邪魔をし、危うく落ちそうに、その後喧嘩になる

・その時、やっと何時にどこで開催されているかを突き止めた警官たちが到着し、数人が逮捕。

・ナタリーは脚をくじき、ドッジとヘザーが助ける

・レイの兄は、数年前にパニックで優勝している

・トロイは化粧をしたりするのが趣味だが、家は厳格なクリスチャンっぽい

後半・あらすじエンディング


※ネタバレ含む
【去年の死者】
コルテスは、部下達に今年のパニックを止めさせると言い、去年の犠牲者がどうやって死んだか説明している

アビーは、目隠しをしたまま道路を渡り、トラックにひかれ死亡し、ジミーはロシアンルーレットをやらされ、死亡

【保安官コルテス家族】
保安官が家に帰ると、妻はカーテンを閉めきって、お酒を飲みながら煙草を吸い、PCで何かのビデオを見ている。

そこへ夫が帰ってきて、妻はパソコンを閉じる。シャワーを浴びて、気分展開に外へ行って、何か食べに行こうと言うが、彼女は不機嫌そうなまま部屋を出ていく

コルテスもパソコンを開いて動画を見る。家族で母の誕生日を祝ってバーべキューをしている動画で、そこには去年のパニックの死者、ジミーとアビーが映っている

登場人物相関図


パニック秘密のゲームの主な登場人物の相関図を作ってみました。

主人公ヘザーとナタリー、ビショップは同級生で親友です。

この他にも、家族やパニックの参加者、同級生、警察関係と沢山登場人物が出てきます。





感想


保安官コルテスの息子ジミーが去年のパニックで犠牲になっているので、どうしてもこのパニックを止めたいのはわかったけど、小さい町だからなのか、保安官達が無力だな。

小さい町と言っても、上から見ると結構大きいように見えるんだけど、NYとかの大都市に比べると、とても小さな町なんだろう。

アビーはジミーの彼女だったのかな。

だいたいさ、アメリカの高校生ってドラマや映画の中で、夜外に出ても親は対して言わないし、普通に車は皆運転するし、しないと学校に行けなかったりするし、お酒は普通に飲めるし、日本とは違い過ぎてピンと来ないところがいつもある。

日本は来年から18歳が大人になるらしいけど、お酒、喫煙、競馬、競輪のギャンブルは20歳からって意味不明。相変わらず超中途半端だな。

ってか、ロシアンルーレットとか、目隠しして高速道路を渡るとか、高所の綱渡りとか、もう全部失敗したら御終いなのものばかりじゃん。とりあえず、レイとドッジは18歳には見えないね。

Photo@www.imdb.com


トラックバック