前半・あらすじ


パニックのミーティングの後、レイに、ルークが金儲けの為に賭けをしている事、そして3年前のハロウィンの事故の話を持ちだす。

レイはルークの後ろに誰が居るのかも知らないし、何が起こっているのかもわからないし、何を信じていいかわからないと話し、気を付けろと忠告する。

【ジミーの自殺】
メラニーは数年前、夫が酒におぼれ、危なかった時に銃の保管庫の暗証番号を変えたと言う。

そして、息子だけに暗証番号を教えておいたと言う。そして、昨夜、自分の銃の保管庫に訓練用の銃と手紙が入ってたと話す。

息子は自殺したと言い、夫には自分から話すから、まだ言わないでとお願いする。

【ナタリーとビショップ】
ビショップの家の庭にある巨大なトランポリンの上で話す2人。あなたは大学に行くし、ヘザーには嫌われたと落ち込んでいる。

電話にでてくれないヘザーに、時間が解決してくれるよとなぐさめる。

そして、自分も失敗をしたと落ち込む彼に、今までとは違う関係に変化しただけよとアドバイスする。

ドッジはナタリーがジャッジだとわかる。

【農場】
農場のアンは旅行に行くから、トラのケージには気を付けてと念を押す。

ヘザー宛の荷物が届いており、箱を開けると、彼女が書いていた小説が本になっている、”失われた結末 短編集 ヘザー・ニル作”とある。

ビショップからだ。彼女は彼にお礼を言いに行き、彼は大学へ行く前に渡したかったと話す。


後半・あらすじ



【3年前のハロウィン】
レイは、兄から3年前のハロウィンはまだ刑務所にいたと聞き、その件を、レイはナタリーに(父の協力で)確かめてくれと頼みに行く。

そして、兄が言う事が事実だとしたら、この3年間、誰かが嘘を広げていたんだと話す。

【秘密の招待状】
妹は友達の家にお泊りに行きたいと言い、ヘザーは許す。車には、次のゲームの招待状があった。

個人戦に進んだ彼女は、暗号を解くゲームを始めるが、妹たちがいなくなったとの電話を受けゲームの途中で探しに行く。

カバンは家にあり、可愛らしく書かれた秘密のゲームのお手紙を見つける。




トラのケージに行くと、妹だけがケージの中にいる。ヘザーは、餌を手に中に入り、肉を投げた隙に走らず後ろに逃げるように妹に言う。間一髪でなんとかケージの外に出れた2人。

妹を寝かせ、サマーの妹達も車で家に帰る。私たちの妹が無事で良かったと言い、ディキンズは、タイミングが悪かっけど、トラに立ち向かった君は一騎打ちに値すると僕は思うけど、ルールはルールだからと慰める。

【コルテス夫妻】
メラニーは、息子の部屋を片付けをし、コルテスが帰宅する。もう潮時だからと言う彼女は、夫に息子からの手紙を渡す。

コルテスは、ママ愛してるごめんなさい という手紙を読む。

ジミーが銃をすり替えたと言う妻の言う事に、息子はこんなことしないと信じない。

部屋の隅にはライフルがあり、コヨーテがいたから追っ払ったと言う。彼女の表情は以前より強く見える。

【ドッジ】
レイは頼んでおいた車の修理が終わり、車を受け取る。

デイナに会いに行こうとするナタリーに、ドッジはジャッジの君がどうして僕と取引したのかを聞く、が、彼女は自分は自分の役目を果たしただけで、報酬でこの町を出られるからだと返す。

ドッジは君の口からは嘘しか出てこないと言うが、ナタリーはデイナの事故の証拠を持ってきたし、ルークは犯人じゃないと言う。

ドッジ、デイナと、母とでナタリーが持ってきたルークの逮捕履歴を見て話し合う。ルークは事故の3日前に他の人をはねて刑務所に行っており、デイナをはねたのはルークじゃないとわかる。



どうしてコルテスは誤解をしたんだろうと疑問が浮かぶ母。

エンディング


※ネタバレ含む
【脅迫状を書いたのは】
ラングレーとウィリアムズはマイラの家に行き、家を捜索する。警官はアビーの妊娠の事はあなたしか知らないはずだわ、と脅迫状に書かれてることを話すが、アビーはジミーの両親にも妊娠のことを話していたと言う。





そして、彼女は賭けを仕切っている”ルークが恐れている誰か”の事が恐かったと打ち明ける。

そして、マイラの部屋からアメフトのジャケットが出てきて、ポケットにはジミーとアビーの写真があり、それはジミーのものではなく、コルテスのものだった。

一方、トラが逃げたと知り、ヘザーは警察署でDocMagicが、コルテス保安官の昔のニックネームだとわかる。

【一騎打ちにはコルテスが】
コルテスはドッジたちが働くカフェへ行き、自分が代わりに一騎打ちをすると言いだす。

ビショップは庭に埋めたパニックの金を掘り出すが、中身は空っぽになっている。

ルークは誰かにボコボコに殴られて病院送りに。

ナタリーとヘザーは仲直りはしていないが、デイナの事故はルークではなく、コルテスが嘘をついていたと情報を共有する。

ルークを殴ったのはコルテスで、署にしらじらしくに報告の電話を入れて、殴ったバールを湖に捨てている。ヘザーの妹に、シークレットゲームの紙を渡したのもコルテスだった。


感想


トランポリンのシーン、超うざいわ。エピソード1,2のビショップって良い奴とか思ったけど、今無理。

とりあえず、悪いのはコルテスだとわかり、レイはやっぱり何も知なかった良い奴で、そしてジャッジがナタリーとビショップの2人っておかしいでしょ。

あいつら金要らないでしょ。あっ、でも前年のジャッジが今年のジャッジを選ぶんだっけ。じゃあ、もうヘザーを選んであげなよ。

そして庭に現金埋めて置くってゆーのは凄く悪い考えな気がするんだけど。

農場のアンも、17歳とその妹だけ残して旅行に行くなよ。アンを演じている女優さん、マコーレ・カルキン達の叔母さんだって。
Photo@www.imdb.com

トラックバック