獣の棲む家 概要


原題:His House
配信日:Netflix・2020年10月30日
時間:93分



あらすじ前半


南スーダンから娘ニャガクを連れ、イギリスへ亡命したボルとリアール。亡命申請をし、収容所にいる2人。娘を含む多くの亡命者は途中の海で溺れて亡くなった事がわかる。

やっと2人は仮釈放という形で、仮りの住まいを与えられる事になる。週に74ポンドの支援、労働は禁止、引っ越してはいけない、という条件。違反すれば亡命資格を無くし、強制送還。

バスでロンドンの町はずれへ連れていかれ、集合住宅地へ現地にいたケースワーカーのマークに案内される。

与えれた家は2階建てだが超おんぼろだ。

マークは、普通はこのサイズの家ならもっと人数が多いけど、君たちはラッキーだと言う。電気もまともにつかず、ごぎぶりに、壁は穴が空いている。


獣が住む新居


初日の夜、ボルは家の中から何やら声を聞く。至る所に亡霊がおり、壁からは音がする。

しかし、やっと仮の住まいを与えられた彼は昨夜の事を妻には話さない。

翌日ボルは床屋に行き、髪を整え食材を買いに行き、途中のパブで移民だからと生活用品を分けてもらえ、パブでサッカーの歌を白人達と一緒に歌う。

一方、リアールは病院へ行くのに道がわからず、アフリカ系の学生たちに道を聞くも、馬鹿にされアフリカへ帰れと野次られる。

病院で、看護師に母国では二つの部族が争っていて、殺し合っていたと話す。自分は、二つの部族の掘りを入れており、生き延びて来たと言う。

そんなスタートだったが、ボルは妻にイギリスの文化に慣れてもらいたくて、手ではなく食器を使い、2人の間でも母国語ではなく英語しか話さないようにする。





アペス


妻は昔話をする。貧しかった男が言えが欲しい為に盗みを繰り返し、老人から盗みを働き、その老人がアペスという夜の魔術師でだった。

貧しかった男が築いた家に、そのアペスもその家に住んだ。

アペスは呪文をかけ、陰からは死者が現れ、男が完全に衰弱するまでアペスはやめなかったと話す。

そして妻は私達はここにいるべきじゃないと言い、この家から聞こえた声は、ここから離れて借りを返したらあの子の元へ導くと言ったとボルに言う。

ボルは、ニャガクは死んだと言い、自分達は十分に悲しみ、夜の魔術師などいないと妻の話を聞き入れない。そんな夫に妻はうそつきだと言い返す。

ボルはまたも家出の奇妙な出来事に襲われ、おもわず家を飛び出す。妻にはあなたも見たのね言われ、ボルはニャガクの思い出の物や母国の物を燃やし始める。リアールが首にしているニャガクのネックレスまでも燃やす。


翌日



翌日、イギリス風の服を買いに行き、妻にも与えるボル。夜、妻は見えない誰かと話している。そんな妻を見て、明日は外に出てコミュニティか何かに参加しようと提案するが、アペスの言葉を知りたいか?と尋ねる。

夫は君は暗闇で精神的におかしくなっているのかも、と言うが、彼女は今まで乗り越えて来た地獄があるのに、こんな暗闇や幽霊を自分が恐がるとでも思ってるの?と、とても強気だ。

そしてあの子を取り戻せるし、アペスはあなたを恐れろと言ったと言う。

食事中もその後も、亡霊に襲われ、怯えまくるボル。

そしてニャガクの亡霊は壁の中から彼を見ている。彼はここは俺の家だから出ていえと、壁を叩き壊しまくる。


翌々日


翌日、バスに乗りマークの所へ行く。家にはねずみや害虫がいて妻の具合が悪いから、新しい家が欲しいとお願いしに行くが、順応できない彼の訴えを報告すると言われる。

それでも引き下がらず、ボルはあの家じゃないところならと言うが、本当の理由を答えられずに事務所を出る。

家にいるリアールは、壁から出て来た手からニャガクのネックレスを返される。壁の穴からはニャガクが顔をのぞかせている。

家に着くと、同じころマークがスタッフとやって来た。穴だらけの壁を見て、これは報告しなくてはいけないと言う彼に、ボルは母国には帰りたくないから言わないでくれとお願いする。




自分で修復するという彼に、今回だけは警告だけで報告はしないと言うマーク。

妻はイギリス人を卑下するが、ボルはここは俺たちの家だと考えを変えない。

私達は母国へ帰るのよと問う妻は、あなたは娘の事もすぐに忘れたじゃない、と夫を責める。

夫は遂に、家の中から外へ出られないようにドアノブや窓のカギを壊し始める。ろうそくをつけアペスが出てくるのを1人待つボル。

現れたアペスは、ナイフを渡しこれで自分を刻めば、その体は彼女のものになると言うが・・・。


見終わった人向けの感想


※ネタバレ含む

いやー、良かったよ初めの30分位は。壁から覗く顔とかちょっと怖いし。ニャガクが本当の娘じゃなく、誘拐して実の母親から引き離したのはそりゃ駄目だわ。

呪われても仕方がない。しかも、海で溺れてしんでしまったなんて。母国にいても殺されるだけだったかもしれないけど、どっちも酷いな。

ボルのした事は許されることじゃなく、ニャガクが死んでしまって十分悲しんだとか言う彼に全く同情できず、とにかく自分と妻だけ生き残れば良いと思っていた事が嫌だわ。

一方、リアールは自分を持っていて良かったけど、あの夢の中で母国で女性達が集まっているシーンでは、彼女のお腹に手を当て、首を振り、子供はいない、の意味は、リアールにも子供がいたけど流産したのかな、とも思えた。

で、最後ボルが彼女のお腹を見たようにも見え、今は妊娠しているのかな、と。

後半は、母国で体験した内戦の実態が夢であらわされているのか、アペスに見せられているのかどっちかわからないけど、ちょっとだらだら長かったかな。

それにしても、家賃や光熱費払わなくても良いとはいえ、ロンドンで週74ポンドでは暮らしていけないでしょ。食費だけなら超ギリギリいけるかもしれないけど。

一番残念だったのは、最後のアペス!何なんだあの爺さんみたいな感じは。急に路線が違うホラーっぽくなっちゃって、怖くもないし、しかも首切られて血を流してあっという間にやっつけちゃったし。弱いな。

もう一つは、2人の英語が上手すぎ。母国で勉強していたとしてもあんなに上手くは話せないはず。残念。

トラックバック