ザ・ボーイ概要


原題:Brahms The Boy Ⅱ
公開日:2020年2月21日
前編:ザ・ボーイ~人形少年の館~(原題:The Boy)
監督:前作と同じウィリアム・ブレント・ベル

あらすじ前半


ロンドンに暮らす夫婦のライザとショーン、その息子のジュード。

ショーンがいないある夜、強盗が押し入り、ライザは頭を殴られ負傷する。その事件は母と息子にトラウマを与え、ライザは毎日のように襲われる悪夢を見て、ジュードは言葉を発せなくなっている。

セラピーも受けるが、一向に良くならないので、幸いショーンはどこでも仕事が出来る職なので、しばらく田舎の一軒家を借りることにし、都会から離れ休暇を取ることにした。

【1日目】


3人が家に着いた時、ジュードは近くに一人の男がいるのに気が付く。

屋敷の離れだったステキな一軒家で、ライザもジュードも喜ぶ。すぐに森へ散歩へ行った際、ライザたちは大きな母屋に気を取られ、ジュードは森へ戻る。

彼は”一緒に遊ぼうよ”、と呼ばれた方へ行くと、地面から手だけが出ている人形を見つける。人形は”助けて”と言い、ジュードは持ち上げる。

息子がいない事に気が付き、森へ戻るライザ達。ジュードが人形を気に入ったので家に持ち帰ることにした。母屋はグレンビュー邸と書いてある。

ライザは人形を綺麗にする。服のポケットからはルールが書いてある紙が出てくる。

客は禁止、1人にしない、絶対に顔は隠さない、夜本を読み聞かせ、等々、書いてあるがライザは気にせずテーブルに置く。

顔には修復した後がある。

人形を座らせ、別室へ行くが、鏡の中で人形が向きを変えた気がしたライザ。


【2日目】


翌朝、ジュードは人形を自分の部屋に座らせ、ピアノを弾いている。父は人形の名前は何にしたのかと聞くと、ブラームスだと言い、彼が教えてくれたとノートに書いて答える。

母とブラームスと森へ散歩へ行った際、ジュードは古いスーツケースに、洋服を見つける。そこは前日にジュードがブラームスを発見した場所だ。

すると、犬が後ろから吠えて来た。

現れた犬の主は、ここの土地の管理人のジョセフだと言う。ジュードが昨日家の近くで見た男だ。

ジョセフは、ジュードが抱えている人形を見て止まる。家まで送り、ショーンも挨拶をする。帰る際、ジョセフは人形をずっと見ている。

ライザは森で見たスーツケースが棺みたいだったと言い、人形を捨てたいと思っていると夫に言う。

その後、ライザとショーンは、息子が部屋で人形と声を出して話している事を知り喜び、そのまま人形を置くことにした。

息子は、常にその人形と一緒に居るようになり、1人で眠れるようにもなる。


【3日目】


朝起きると、息子はブラームスと隣りに座り朝食を食べているが、ブラームスの分まで用意されている。

息子はブラームスが教えてくれたと言うルールを母親に見せる。

家族と一緒に食事をする、ブラームスを綺麗にする、おやすみのキス、ジュードとブラームスは永遠にいっしょになければいけない、などと書いてあり、夫と顔を見合わせる。

昼間、TVが勝手についたり、ブラームスがいなくなったりと、奇妙な事が起き、ライザは不安になる。

【4日目】


セラピーの先生に相談する。セラピストは、息子は人形を通して自分の気持ちを発しているとから、人形を捨てるのは得策じゃないとアドバイスする。

そして、ライザはネットで人形と、この家の事を調べ、母屋には何か過去があったことを知る。

家の前の庭でジュードがブラームスといたところ、あのジョセフがやって来る。

名前はなんだ?と聞き、ブラームスだと教えるが、彼は意味深な事を言う・・。

ライザは夜1人こっそり息子の部屋へ行き、ブラームスの足に606Hとあるのを見つける。

【5日目】


翌日、ジュードの部屋にあるノートに不気味な絵を見つけるライザ。ブラームスに執着しまくる息子にいら立ちを募らせようになる。

しかし、ジュードの態度はエスカレートし、夫のショーンも妻を疑いだす。

【6日目】


早朝、ジョセフは犬を探しているが、森の中で惨殺された犬を見つける。兄家族が遊びに来た。

従兄は嫌な奴で、ジュードに人形としゃべる病気な奴だと言い、ブラームスを壊そうとする。スティックは折れ、地面に突き刺さっている。止めろと言うジュードとスティックを取り合いになり・・・。

【6日目の夜】
残ったジュードとライザ。息子は、ブラームスが僕と母屋に住みたがっていて、従わないとママとパパを殺すと打ち明けてくれた。

そのままソファで息子を寝かせ、ライザはネットでH909と検索してみる・・・。


見終わった人向けの感想


もう、最高。パート1も結構好きだったけど、パート2は笑える。

怖くもないし、あぁ次はこうなるっていうのがそのまま描かれるし、あのブラームスがまた自身でどこかへ行けるのが笑える。

階段を登る音とか、それ自体は映らないのが残念だけど、チャッキーみたいで笑える。

そしてあの夫!!!この俳優がまたリチャード・アーミテージみたいな、また何か役に立つのか立たないのか、中途半端な父親、夫で。

いっそ、リチャード・アーミテージだったら大爆笑だったのに。

奥さんが夜中に叫んでたら、まずは大丈夫か?が普通でしょうに。何してるんだ?とか有りえない。

最後、結局ジュードはマスクに宿っているブラームスと会話していたけど、マスクを被ると彼がブラームスになるのか、ジュードとブラームスは既に一体になっているのか、なんなのか。

あのジョセフはジュードとブラームスが一つになるって言ってたから、火に投げた時点で既に一つになってたから投げたのかもね。

それにしても、ロンドンのジュードの部屋のデコレーションって不気味だよ。あんな子供部屋は嫌だわ。

でもこれで続きはまた作れるよね。是非パート3を作ってほしいわ。