アフターマス余波概要


原題:Aftermath
監督:ピーター・ウィンサー
時間:1時間54分
配信:ネットフリックス2021年8月4日

前半・あらすじ


ナタリーとケヴィン夫婦。ナタリーはプロのファッションデザイナーを志して洋服作りをしており、夫のケヴィンは大学を中退し、今は殺人現場の清掃業をしている。

ナタリーは以前ニックという男性と浮気をしており、2人は夫婦のセラピーを受けている。ケヴィンは妻を愛しているが、まだ浮気した事を許せずにいて、セラピストからはこのまま結婚生活を続けるか、終わらせるかを聞かれる。

ケヴィンは、第2の結婚生活の為に、以前清掃した、住人が自殺を図った大きな家が売り出しに出ているのを見て、オーナーに通常より安く売ってもらう事を交渉してみる。

オーナー夫妻の夫は交渉中、終始笑顔を見せずに安値で売ろうとする妻にもう少し考えよう、と提案するが誰もこの事故物件を買いたがらないので、妻はケヴィン達に安値で売ることに決める。

始めは誰かが死んだ家に住むことを反対していたナタリーも最後は夫に賛成し、ローンを組み引っ越すことになる。




【新居に引っ越し】
夫婦には可愛い犬が1匹おり、新居に入ると犬はすぐに玄関先のクローゼットに反応する。ケヴィンは仕事をしながら、建築の勉強の為に大学に戻り、ナタリーは念願の彼女のデザインを買われ、デザイナー契約をする

夫婦生活も順調の滑り出しを見せたが、

・夫の名前でエロ本を購買された

・寝ている間に誰かが洗面所へ行った

・室温が勝手にとても低くなる

・クローゼットが勝手に開く

・置いたはずの鍵が違うところに

・レコードが勝手に鳴る

・ベッド下にあったボールが戻るとベッドの上にあった

・ある夜には寝室から見た廊下から手が現れ、後ろから羽交い絞めにされる

後半・あらすじ



・姉の家で母親と食事をする約束をした妹は、姉たちが帰宅前にクローゼットの奥に引きずり込まれしまう

・元浮気相手のニックの名前で花が送られ、

・SMSで白人至上主義系の投稿を夫の名前と住所で乗せられ、車には火を付けられ、

・夫がいない間に自分とセックスを、とSMSで載せられナタリーを襲わせる

・飼い犬が毒物を食べてしまい、安楽死をさせ

・ケヴィンも急に倒れ、検査の結果毒物が検出された

等など、嫌がらせと奇妙な出来事が続き、警察とも相談することに。しかし、この怪奇現象を見たりするのは主にナタリーだったので、夫はいまいち信じていなかった。




玄関でレイプをされそうになったナタリー。

それを頼んだ犯人がこの家を売ったオーナーのロバートだと判明彼は逮捕されたが、毒物にについては否定しているロバートは妻に秘密で多額の借金があり、義理兄から相続できるように仕組んだあの家が唯一の収入源だったので、ケヴィン達を追い出そうと嫌がらせをしていたと自白。

【じゃぁ誰が毒物を?】

・ケヴィンは妻が用意したランチも持っていこうとしなくなる

・ナタリーは、自分の携帯で誰かが彼女の就寝中を写真で撮っていることを知る

・ビデオカメラを寝室にセット

・ナタリーはしばらく距離を置いた方が良いかもと夫に言う

エンディング


※ネタバレ含まれています
【翌日】
誰かがナタリーの携帯から夫の携帯に”今日は家に帰ってこないで他に泊まって”とメールをする

・ナタリー本人は送っていないので、彼女は指示された服作りが終わり、2人でお祝いをしようと夫の事を待っている

・ケヴィンは、妻が怒っていると思い大学の課題をパートナーの家でやっている

・ナタリーは夫の帰りが遅く、1人風呂に入っており、夫と電話で話した時に、誰かが自分の携帯から夫にメールを送った事を初めて知る

・恐る恐るセットしたビデオカメラを見てみると、ベッドの下から髪の長い男が現れ、彼女の顔を触りまたベッドの下へ戻るというのを見てしまう

・そして、その時彼女の後ろからはクローゼットから出て来た男がナタリーを襲う。

【監禁室】
ナタリーはクローゼットから続く秘密の部屋で目が覚め、両手は鎖で拘束されている。

部屋には、監視カメラと、何枚もの惨殺写真があり、そしてここで死んだ夫妻(オーナーの兄とその妻エリン)の写真もある。

エリンの夫の顔は潰されており、そしてエリンとこの男が一緒に撮った写真やケヴィンとナタリーの写真もある・・・・。

見終わった人向けの感想


これは酷いね。最後20分まで何も起きなかったよ。もう少し早くネタバレしてくれるか、もしくは違ったエンディングにして欲しかったわ。

実際の出来事に着想を得た話しだと言うけど、もう少し怖く作れなかったのかい。誰もいなくなった妹を探そうともせず、怖いのに部屋の電気をつけず、怖いのに1人でビデオを見たりしようとしたり。

外へ逃げれば良いのに2階へ行ったり。典型的なホラーのシナリオだけども、酷かったわ。

極めつけは、最後あのクローゼットの奥に常に隠れていた男が幽霊っぽく見えるけど、実は人間だし、まともに陽の光を浴びてないし、まともに食べてないし

弱っちそうなのにケヴィンと戦った時ケヴィンがいとも簡単に押し倒されちゃうし。また何で前髪だけ短いんだろう。

もう一つ、凄いのは妻がベッドにいると思って中に入ったけど、血で濡れていて、寝てたのは死んでる妹だったってさ、普通殺されて数日の遺体なら臭いでわかるだろーよ。凄い臭いだろうよ。



きっと、家の中でも何か臭うよね、ってなるのが普通だよ。刺されて死んだ直後なのかと思ったけど、妹の顔は死後数日っぽかったし。

血も乾いてるでしょーに。いろいろ詰めが甘すぎて笑えたな。しかもエンディングで警察が家に到着した際、玄関の外周りを拳銃構えて数人が見回ってるんだけど、超雑。

玄関周りにだけあんなに警官いらないでしょ。あの担当してた刑事があの秘密の監禁部屋を見て終わるとかできなかったのかね。

そして、毒物を入れたのが妻だと思わせたい、夫も大学の相手と浮気をするかな、とか、あのロバートが実は殺しを、とか見てる側に思わせるのが下手だったな。

若い夫婦が家を買う侵入する男 に若干似てたけど、どっちもどっちだな。

それにしてもAftermath っていう映画のタイトルが多い。IMDbでも7個くらいあった。

余波の意味って、"波の立つ原因が去った後も残っている波"だけど、この映画のタイトルは余波って感じじゃないよね。まさか最後のドアが閉まったからこのタイトルなのか。Photo@www.imdb.com

トラックバック