Oats Studios概要


映画監督のニール・ブロムカンプの2017年に制作した短編映画集がネットフリックスで配信中。(You-Tubeでも配信中。)

全10話からなる、彼の制作スタジオの名前、Oats Studiosがネトフリのタイトルになっている。

各エピソード紹介


全10話だけれど、全部それぞれ違う映画になっています。

1.ラッカ


原題:Rakka
時間:21分

シガニー・ウィーバーが出演している、世界の終わりで、絶望的な状況でエイリアンと闘う生き残り達の話。

『世界』、『アミールとノッシュ』、『包囲攻撃』の3部に分かれている。

エイリアンは爬虫類系の姿をしており、数えきれない位人間で実験をしており、テレパシーも使うかなりハイテクなエイリアン。




2.密林の悪魔


原題:Firebase
時間:26分

1970年のベトナムで、戦争をしているアメリカ兵だが、銃も効かない ”川の神” を倒そうとするストーリー。

結構気持ち悪い映像が多い。1万5千人と数千代の車が宙に浮き、見えない敵にやられる。

3.ビルの楽しいクッキング


原題:Cooking with Bill
時間:10分



ビルとカレンが放映するTVショッピングで、商品を紹介するのだが、オチが全て使えない失敗作ばかり。
Damasu950、Sushi、Presto VegeとSmoothie。

TVショッピング特有の話し方は面白く、ブラックコメディではあるけど、別格に面白いわけではない。

4.神の戯れ:現代/古代


原題:God
時間:7分
SerengetiとCityの二つのエピソードがあり、興味本位でミニチュア人間を上から見て遊んでいる神のエピソード。あっという間だけれど、結構面白い。




5.融合体


原題:Zygote
時間:22分



ダコタ・ファニングが主演のエイリアンもの。

ケルベロス鉱業で100人いた従業員は、2人になっている。その98人の寄せ集めた融合体エイリアンから追われ、それから逃げる内容。

融合体はかなり気持ち悪く、見ごたえあり。






6.最低大統領:原油流出/ブツ


原題:Bad Presdent
時間:6分

パーティー好きな超いい加減な大統領のいわばコメディ。だけど、別に面白くはない。大統領はビルの楽しいクッキングと同じ人。

7.アダム:エピソード2


原題:ADAM:The Mirror
時間:6分

これも、世界の終わり系。アンドロイドに支配されている世界。

6分というとても短い時間だけど、テクノロジーが勝る世界の終わりってこんな感じなのか。


8.アダム:エピソード3


原題:ADAM:Episode3
時間:8分

世界の終わり。かなり弱った女性がシェルターを見つけ、ここに居させてくれと頼みこむ。

唯一の家族の兄も捕らわれてしまったと言い、シェルターを管理している男は、ここにいたいならば、アンドロイドにされた男=兄を殺せと言われる・・・。

女性はクッキングのカレンと同じ。

9.グダニスク


原題:Gdansk
時間:4分

これはCGで描かれている中世の巨人が人間をやっつけに来るシーン。

10.キャプチャー:バッタ


原題:Kaputure:Fluke
時間:7分

開発製造した試作品武器を試す、凄く興奮している科学者のゲイリーとジェフ。これもCG。


感想


ニール・ブロムカンプの代表作、第9地区(District 9)や、エリジウムの脚本、監督で私は2つともちゃんと観たことがなかったんだけれど、この短編映画は時間も短くて、見やすかった。

中でも面白かったものは、エイリアンものではシガニー・ウィーバーが出ているラッカと融合体とアダムのエピソード3。コメディでは神の戯れが良かった。

ほぼ人間には勝ち目のない状況の二つだけれど、敵が強いからこそ見てて楽しい。

ほとんどが高度なテクノロジーを備えたエイリアン達の話だったけど、人間には勝てない相手と言う事を見せつけられる。勝ち目はない、ところが怖いかな。

この人は、世界の終末を描くのが好きなんだな、と伝わってくる。
クッキングと、大統領、キャプチャーはそんなにおもしろくないので、観ても観なくても。
Photo@www.imdb.com

トラックバック