第3話:おおまかなあらすじ



【白人女性の失踪】
ナタリーが行方不明になってから3日経ち、ニュースで報道されている。

家の隣には報道が押しかけており、心配するラブに普通に過ごそうと安心させるジョー。

ラブのお店に、シェリーと取り巻きはナタリーの捜索隊だとやって来る。

【図書館】
ジョーは図書館でボランティアの仕事を手に入れるが、上司は元軍人の盲目の男と、何かと嫌味なマリアンだ。

シェリーは自分はナタリーの親友だと言い、彼女はラブのお店の店舗を紹介したとメディアで伝える。

テオはラブのお店に来る。ちょうど息子が熱を出し、店を出る彼女の替わりに彼が留守番をしてくれる。

【はしか】
息子ははしかに罹っており、息子と接触した人間に連絡を取らなくてはならず、イライラが募る。

ニュースでは、ラブの店舗を紹介したのがナタリーを見た最後だと報道され始め、ジョーは更なる後始末をしなければならなくなるが、彼もはしかに罹ってしまう。

熱でふらつく中、血の付いた彼女のスカーフを彼女の家に置いてこようとしたが、気絶した彼はマシューに捕まってしまう。

テオはラブの事を心配し、夕飯を届けてくれる。

エンディング


※ネタバレ含まれてます
【マシュー】
マシューの家のソファで寝かしてくれ、想像とは違いマシューは良い奴で、彼に罪を着せようとしてた自分を後悔するジョー。

息子は無事に帰宅し、持ち帰ったスカーフを家で燃やす。

マシューは遂にメディアに妻を心配しており、危害を加えた奴を許さないと話す。

【はしかの元】
パーティーではしかに罹っていたのは、マーガレットとギルの娘達でそれがヘンリーに移ったと言われる。

ギル達は反予防接種者で、娘達の所為でヘンリーに移してしまった事を謝るが、怒りでギルを殴ってしまう。

そして警察がナタリーの指輪を見つける。

第4話:おおまかなあらすじ



【マドレ・リンダの団結】
ラブは気絶しているギルを地下の監禁室へ運び、目が覚めた彼はラブが殴ったのを覚えており、ジョーが対応する。

ジョーははしかに罹っていた娘達の事を黙っている替わりに、この事を黙ってくれと持ちかける。

承諾した彼だったが、嘘をつくと思ったジョーは彼を監禁する。

【図書館】
ギルは図書館で読み聞かせの当番だったが、来られず、ジョーは彼の弱みを探り始める。

警察はナタリーを埋めた森を捜索し始め、テオと一緒にラブも捜索に加わる。

ジョーを金持ちの息子と思っていたマリアンは、彼の貧しかった頃の話を聞き少し好感を持つ。

【取引き】
ギルに誰にも言えない秘密を言わせようとするが、良い人の彼からは何も出て来ない。

しかし、私立探偵を使い、息子の不正入試をさせた過去を見つけたが、不正だけはなく、息子のアランの婦女暴行まで見つけ、それを妻のマーガレットが対処した事を知る。

ギルはその事を現在まで知らずに、監禁室で自殺をしてしまう。


エンディング








【ラブのアイデア】
シェリーは捜索をしつつも、取り巻きにナタリーの家族の悪口を言っている彼女に、テオは文句をぶちまける。

ラブはギルの指紋をつけた斧を森に隠す。捜索の後テオとお互いの家族の話をし、彼はラブにキスをしてしまう。

ジョーはギルの死体を彼の自宅に吊るし、ギルからの妻宛ての手紙を作り、警察は森で斧を見つける。

ナタリーの事件はギルの死体を使い終結させた。

感想:ジョーの過去


YOU君がすべてシーズン3の第4話までの感想です。

母親の所為で学校ではいじめらていたジョー。はしかの予防接種を受けていなかったのはジョーで、きっと毎回彼の過去が少しずつフラッシュバックで映されるはず。

1人の先生だけは彼を理解してくれ、相談に乗ってくれている。

毎回見てて思うけど、殺人を隠したり、処理したりとこんなに上手くいくかね。

まぁテンポよく進むので超見やすくて良いけど。
Photo@www.imdb.com

トラックバック