概要



原題:Red Notice
時間:1時間58分
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
配信:2021年11月12日

この映画の予算は、ネットフリックス史上、一番高額な2億ドル(およそ155億円)。元々は、ユニバーサル・ピクチャーズが配給権を持っていたがネットフリックスに売却。

ドウェイン・ジョンソン、ライアン・レイノルズ、ガル・ガドットの3人はおよそ
22億円以上をそれぞれ稼ぐ予定だそう。

相関図



映画レッドノーティスの主な登場人物の簡単な相関図を作ってみました。

ローマの博物館にある、クレオパトラの第1の卵を盗んだブースを逮捕しようと、FBIプロファイラーのジョン・ハートリーが追跡するところから始まります。






クレオパトラの卵



映画の冒頭から出て来た世界に3つあるとされるクレオパトラの卵は実際にあるのでしょうか。

クレオパトラが婚礼の日に、ローマの将軍アントニーがクレオパトラにプレゼントしたという卵型をした3つの宝石。

1907年にカイロ郊外で2つは見つかったが、最後の三番目の卵は未だかつて発見されていない。

一つ目は映画の冒頭、ローマの国立博物館に展示されており、

二つ目は、武器商人の大富豪ソット・ボーチェが所持。

このクレオパトラの卵、答えは、実存しないそうです。残念。

映画に出て来た卵もなんか実際にありそうな見た目だったし。実際にあったらよりロマンがあって面白いのにな。

撮影時、キャストやクルー達もこのクレオパトラの卵が本当にあると思っていたそう。

トリビア



imdbに投稿されている映画レッドノーティスのトリビアをいくつか挙げて見ます。

ドウェイン・ジョンソンもライアン・レイノルズも映画のシーン中、自身が手掛けているブランドのお酒を飲んでいる

ジャングルで見つけた金庫室の、Top Secret Army Intel 9906753と書かれた木箱は、映画、レイダース失われた失われたアークに出てくる、契約の箱の番号と同じもの。ライアン・レイノルズも少し前にインディジョーンズのテーマの口笛を吹いている

バリのブースの家にあった絵画、Lady with a Red Hatはスコットランドのグラスゴーにある、ケルヴィングローブ美術館に実存する

ライアン・レイノルズの実の父親も警察官である

まとめ・感想



期待より面白かった。何より、ドウェイン・ジョンソンとのやり取りで、ライアン・レイノルズ演じるよくしゃべるブースの言う事が面白い。

インディ・ジョーンズモチーフ盛りだくさんで、良かった。エド・シーランがカメオで出てたし。

いろいろあった面白いブースのセリフだけれど、個人的に一番は

クレオパトラの卵の箱に、クレオパトラと書いてあって、ブースがナチもバカだな(DumDums)、と言い、しかも卵を落として5秒ルールのシーン”

ガル・ガドットはいかにもガル・ガドットで、ドウェイン・ジョンソンもドウェイン・ジョンソンだったけど、やっぱりインディ・ジョーンズっぽい秘宝探しがテーマがあったからこそ面白かった。

エンディングからはほぼ間違いなくパート2は制作されるだろうし、チェスのビショップは4つだから、続編は仲間が後一人増えるのかな。

ガル・ガドットはワンダーウーマン監督のパティ・ジェンキンスの今後の作品で、クレオパトラを演じるんだそう。
Photo@www.imdb.com

トラックバック