House of the Dragon家系図など

House of the Dragonに登場する人物やその祖先や子孫の家系図などをあげています。

家系図

1番目の王:征服王・姉と妹と結婚したエイゴン1世

紫色の瞳に、金と銀色の髪を持ち、背も高く肩幅が広い力強い外見に成長しました。反逆する者には厳しく、忠誠を誓うものには寛大であったが、必要な時以外は基本は姉妹に政治をまかせていた。エイゴンは後継者を得る為に、姉のヴィセーニアと結婚をしましたが、妹のレイニスとは愛があったから結婚したと言われています。
家系図

2番目の王:35歳で亡くなったエイニス1世

ターガリエン王朝2番目の王:エイニス1世について簡単にまとめてみました。6人の子供にも恵まれ、一夫多妻制には反対し、近親婚はOKなのかっ、と突っ込みをいれたくなる人物でした。
家系図

3番目の王:残酷王・呪われたメイゴル1世家系図 

征服暦12年、ドラゴンストーン生まれのメイゴル1世は産まれた時から体が丈夫で大きく、ドラゴンストーンで育ちました。ジェヘアリーズ1世の叔父であり、腹違いの兄はエイニス1世です。残酷王と呼ばれたメイゴル1世をまとめてみました。
家系図

4番目の王:ジェヘアリーズ1世の家系図

ハウス・オブ・ザ・ドラゴンの七王国の王、ヴィセーリス1世の祖父、ジェヘアリーズ1世の家系図を作ってみました。とにかく兄妹間、親戚間での親近結婚が多いターガリエン家。ピンクの二重線は親近結婚です。