真夜中のミサ

真夜中のミサ

真夜中のミサ 最終回・あらすじ感想・第7話

最後、キレイキレイし過ぎて、うわぁーと引いたけど、結局何が言いたかったドラマなのかいまいちわからない。宇宙の話とかなんちゃら長くて、どのエピソードも1時間以上なのは、この長い長い哲学っぽいセリフの所為だね。
真夜中のミサ

真夜中のミサ あらすじ感想・第6話

もうカルトだね。信じる者は救われる的な。 日本は無宗教の人がほとんどだけれど、キリスト教が大半を占める国々にはベヴァリーもどきがいても不思議ではないはず。
真夜中のミサ

真夜中のミサ あらすじ感想・第5話

ここまで来るのに長かったな。いろいろと、1人のセリフが長いのよ。 全7話で5話目にしてこれか。もっとスピーディーにできた感じはする。あの、ランプや蝋燭、星の光があんな風に見えるのはなんか綺麗だったな。
真夜中のミサ

真夜中のミサ あらすじ感想・第4話

エリンとライリーの会話のシーンが長い長い。なんだか演劇っぽい。あの、ホーンティング・オブ・ブライマナーの、フラッシュバックのヴィオラのシーンのように長くてだらだら。
真夜中のミサ

真夜中のミサ あらすじ感想/相関図・第3話

第1話から感じるけれど、誰かが話す一つのシーンが長くて長くて。 キャッスルロックでもそうだったけど、スカルスガルドを見て天使だわ、っておかしいよ。ベヴァリーは嫌な奴だね。なんか彼女に相応しいエンディングが待っていると良いんだけど。 どうなるんでしょうこの先の展開。
真夜中のミサ

真夜中のミサ あらすじ感想・第1~2話

ネットフリックスの全7話のホラーだけれども、第2話までは特に怖く無し。彼の監督作品に出演している俳優、女優をまた多数器用。 かなりのお気に入りなんでしょうか。同じ俳優を使って飽きないのかな。