サード・デイ-祝祭の孤島-

サード・デイ-祝祭の孤島-

サード・デイ~祝祭の孤島~ 最終回あらすじ感想 / まとめ謎解き・第6話

HBOのリミテッドシリーズ、The Third Day、サード・デイ祝祭の孤島が遂に完結しましたが、気になるのは二つ残りました。オシー島の住人が信じているもの 。結局、世界の宗教と同じく、どの神様を崇拝するかの考えが違う者達が対立するという。
相関図

サード・デイ~祝祭の孤島~ あらすじ感想/相関図・第4~5話

サード・デイの後半、第4話~6話はジュード・ロウではなく、ナオミ・ハリスが主人公。前半の第1話~3話から9か月が経過している。季節は冬。長女役のエリーは、タンディ・ニュートンの娘で、見れば見るほど母親に似ている。
サード・デイ-祝祭の孤島-

サード・デイ~祝祭の孤島~ あらすじ感想・第3話

エピソード1からは想像できないドロドロさだった。ジャンル的には、ミッドサマーに似ている。オシー島が世界の中心。バッタは雨と洪水、死の前兆。オシー島が平和なら世界も平和。正当な跡継ぎの神父が必要
サード・デイ-祝祭の孤島-

サード・デイ~祝祭の孤島~ あらすじ感想・第2話

それにしても、ジュード・ロウのドアップが多くて困るね。なんであんなに近くで映すんだろう。夏の日差しで眩しい感じを出したいの?キリスト教だけど、ちょっと異常なバージョンのこの島の神。元々、神を信じないので神に許しを請うとか、捧げものとか、自分には理解できぬ。
相関図

サード・デイ~祝祭の孤島~ あらすじ感想・相関図・第1話

HBO制作のサード・デイ。 始めはゆるやかな感じのドラマなのかと思ったけれど、一応ジャンルがフォークホラーになってるので気になったので観てみました。配信は、始めの3話がジュード・ロウがメインで季節は『夏』。そして残りの3話のメインがナオミ・ハリスで季節は『冬』。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました