House of the Dragon 相関図・第1話あらすじ感想

遂に始まった、House of the Dragon/ハウス・オブ・ザ・ドラゴン。

ゲーム・オブ・スローンズ同様、豪華で面白かったです。

ゲーム・オブ・スローンズ、デナーリス・ターガリエンが生まれる172年前のストーリー。

配信:2022年8月22日
原作:ジョージ・R・R・マーティンの炎と血
エピソード:全10話

相関図

ハウス・オブ・ザ・ドラゴンに登場する、主な登場人物の簡単な相関図を作ってみました。

ヴィセーリス1世の弟のデイモンは、冷酷で野心的。一応王子だから、仕事を与えたらやりたい放題。

誠実な王の手のオットー・ハイタワーとは政治的に敵対している。そのオットーの娘のアリセントは、王家ではないけれど、王宮(レッド・キープ)で育っている。

Houseofthedragon相関図
Photo©HBO

あらすじ第1話

【ドラゴンの後継者】

※おおかなあらすじですが、ネタバレ含まれます

七王国の王のジェヘアリーズ1世は歳で体が弱ってきているので、後継者を決める事に。息子達は死んでしまっているので、

最終候補は息子達の子供、レイニス・ターガリエン(現ヴェラリオン)とヴィセーリス1世だ。

順序的にはレイニスだったが、ジェヘアリーズは男を選ぶ。

槍試合

【即位から9年後】

世継ぎが産まれる祝イベントの槍試合で、デイモンと試合をしたのが、サー・クリストン・コール。

彼はデイモンを負かし、存在感をアピールする。

出産

ヴィセーリスの妻エイマ・アリンは妊娠しており、ヴィセーリスはお腹の子は男だと確信している。

エイマは今まで乳飲み子の死亡、2度の死産、2度の流産をし、これが最後だと夫に伝える。

しかし、いざ出産になると逆子で難産となり、妻か子か選択を迫られたヴィセーリスは子を選ぶ。

麻酔もなく、手足を押さえられ、腹を切り裂かれ、子宮から子を取り出し、エイマは死に、産まれた男の子もまもなく死亡してしまう。

Photo©HBO

後継者

妻も産まれたばかりの子も死に、小評議会のメンバーに次の後継者を決めるのをせかされるヴィセーリス1世。

候補は、弟のデイモンか、第1子のレイニアだ。

残酷で野心的なデイモンが王になるのを反対する者と、第1子だからと言って女が王座に座るのを嫌がる者がいる。

生まれたばかりの子が死に、その夜娼館で部下達と宴を開いたデイモンに怒り、結局ヴィセーリスは娘を選ぶ。

兄の怒りをかったデイモンは、妻のいる神秘の石城へ行けと命じられる。

レイニア・ターガリエンはドラゴンストーンの王女となり、鉄の王座の後継者となる。

©HBO

ヴィセーリスの症状

ヴィセーリス1世は背中に王座で切った傷があり、範囲は広がり、膿が出ている。医師だか、メイスターだかが取り除くが、治せていない。そして、エンディングのシーンでは、鉄の王座でまた指を切ってしまう。

感想

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン7から待ちに待ったハウス・オブ・ザ・ドラゴン。

現代もの刑事ドラマよりも違う感覚で面白くて興奮するシリーズ。

とにかく、豪華で見てるだけでも面白いな。

結局だれが王座に座るかの話だけども、その中に妬みや裏切り、苦しみや恋愛などがあってドロドロしてて面白い。

第1話のデイモンが王都の守人を率いて、町の罪びとを次々に酷いやり方で始末していくシーンとか、娼館のシーンとか、ゲームオブスローンズっぽい

あのラニスター家っぽい。

エイマ・アリンのあの出産は拷問だよ。いくら何でもひどすぎるよ。彼女が死んですぐとかならわかるけど。

エンディングの音楽とか、ドラゴンのシーンの音楽はゲームオブスローンズと一緒だったな。