第8話・あらすじ前半


化けたキツネ/Foxhead

『ジャック』
ジャックは911にかけ、警官が撃たれたから来てくれと言い、自宅の前にいる警察をどけ、自分の家へ戻り、大量の武器を手に森へ行く。

指名手配中になった彼。

18歳で軍に入り、射撃クラスに入り、狙撃コースでもトップクラスで、配属された先はアラスカだったとジャックの経歴を話すラルフ。

【クロード兄弟】
テネシー州にいる兄シールに会いに来たクロード。

何かすごい悪いことが起きそうな気がして仕事を辞め、あの町を出て、そして最近眠れずに、夜何度も起き、誰かが侵入してきそうな予感がすると話す。

【4人でテネシーへ】
”それ”は今はまだ変身の段階だから、まだ殺しは行われていないだろうと推測し、クロードを見つけ、彼を冤罪から守る事にし、テネシー州へ行く。

【ホリーの考えるエル・クーコ】
・エルクーコの目的は出来るだけ長く生き伸びること

・子供を殺し、一家を滅ぼし、また同じことをする

・”それ”は人間でも犯罪者でもない

ラルフ達は、テネシーの警察と裏で連絡を取り、クロードを逮捕させ、牢屋から出そうとした兄も警官を殴り一緒に逮捕する。

【アリバイ作り】
クロードの実家へ行き、ホリー達は拘束した理由を教えるが、クロードは、最近調子が悪く誰かに常見られている感じだと認める。

我々警察と一緒に居れば何かあってもアリバイは証明できると言い、4人は無理やり泊まる。

第8話・あらすじ後半


※ネタバレが含まれます

【洞窟祭り】
祖父母が孫達を連れ、洞窟祭りへやって来る。少年サムはサーベルタイガーの洞窟に行きたいと興奮している。

i


姉とサムは別々の所へ行き、多くの人が動物の頭の被り物を付けている。

サムは動物の頭を被り、洞窟の地図を見ていると、動物の頭を被った男が話しかけてくる。

男は大きな熊の跡がある洞窟を案内すると言い、サムは祖父母に言わずについて行ってしまう。

しかし、姉が男に連れて行かれるのを発見し、声を上げる。男は祖父と周りにいた大人に止められ、祖父はマスクを外すが、”それ”は逃げてしまう。

【翌朝】
ユニス達を助ける為、ハワードとアレックが訪れる。

地元の刑事がクロードを訪れるが、ラルフとユニスは警察バッジを見せ、昨夜何があったにせよ、クロードはここにいたと話す。

その場にいた誰かが撮った動画を見ると、男のマスクの下はクロードだった。

一方、洞窟の中では、クロードに扮する"それ”が鹿をむさぼっている。

p


第9話あらすじ前半


洞窟の悲劇/Tigers and Bears

【ジョンとジョージ】
納屋でかくれんぼをしていた兄弟ジョンとジョージはそのまま森へ行ってしまい、洞窟に入る25セントが無かったため、入り口ではなく勝手に洞窟の裏から中へ入る。

父親は息子達を森で探しており、洞窟に続く土産物屋の後ろから、洞窟へ入る。

【洞窟の中】
迷子になった兄弟は父の声を聞いたが、声の聞こえる先は熊の洞窟と看板があり、父はそこを動くなと伝える。

洞窟を出た父は、知人に電話をし、息子達を助ける為に、多くの村人が集まる。

【供述】
ラルフとユニスは、昨夜の家族に事情を聞きに行く。サムはひっかかれておらず、祖父の証言では男は目が奥に引っ込んでいて、奇妙な目をしていたという。

そして地元の刑事に実際にはサーベルタイガーの洞窟はあるが、熊の洞窟は無いと聞かされる。

o


第9話・あらすじ後半


※ネタバレが含まれます

シールは、熊の洞窟は、1947年に封鎖され、年寄りじゃないと覚えていないと言う

【1947年】
その当時、洞窟の中で迷子になった兄弟をシール達の親達も捜索を手伝うが、洞窟が崩落し、大人たちは閉じ込められてしまう。

別の捜索隊も来たが、洞窟の外へ出られず、シール達の祖父と大叔父を含む34人が今もそこに眠っている

あの洞窟がボルトン家の墓であり、今は土産物屋の入り口はセメントで固められているという。

シールはその洞窟の場所を教え、2台の車に別れ、洞窟へ向かう。ユニスはやり方がわからなくてもとりあえず殺すか捕まえるしかないと話す。

【頭の中にいる】
ハワードはボルトン兄弟と留守番をしているが、シールが弟に皆が洞窟へ向かっていることを話してしまう。

クロードは、奴は俺の頭の中にいるから、今奴に皆が向かっている事がばれた、と兄に怒る。

そして案の定、”それ”は、洞窟の中で目を覚まし、ジャックも起き上がる。

ハワードはラルフ達に電話をするが、誰も出ず、シール達も洞窟へ向かう事にする。

ジャックは大量の武器を準備して、洞窟の上で待ち構える。ラルフ達が到着し、ジャックは狙撃の準備をする。

感想



なんかやっとチェロキーを離れてボルトン兄弟キャラが出て来て、ちょっと路線が変わって良かった。

今まで結構信じないラルフの葛藤みたいなのが主で、だらだらしてきてるなと感じてたところ。

アンディはホリーの変わってるところも全部好きなんだろうな。冒頭の迷子になった兄弟の話がボルトン兄弟に繋がるとは思ってなかった。

そして、また惨殺遺体が発見されたけど、これって違う事件なのか、同じエルクーコの仕業なのわけ。でも、それは洞窟にいたし。

それにしてもテネシーって物凄い数の洞窟があるんだね。8000個くらい登録されてるらしい。陥没とかしないのかな。

子供の頃、栃木の鍾乳洞言った事あるけど、今ならあんまり行きたくないな。

そしてやっとラルフも信じたようだけど、でもさやっぱり2人のクロードを目の前で見ないとね。

クロード演じるパディ・コンシダインってイギリスのコメディっぽいのイメージしかなかったんだけど、こんな役もいい感じだね
© HBO - 2020 - All Rights Reserved

【最終回】