イエロージャケッツ シーズン1 相関図あらすじ・第1話

超面白い。アンダーザヘブン信仰の真実とは反対に、女子ばっかりのドラマ。あらすじと、相関図と感想をアップします。

概要

原題:Yellowjackets
ネットワーク:ショータイム
2021年11月14日
ジャンル:ホラー、スリラー、ミステリー
配信:U-NEXT
エピソード:全10話

第1話:あらすじ

イエロージャケッツ
物語は、1996年と2021年の2パターンで進みます。

※第1話のネタバレ含まれます

【1996年】

1996年、ニュージャージー州の高校生サッカーチームのイエロージャケッツは全国大会へ出場が決まる。

コーチのマルチネスと、その息子達、そしてアシスタントコーチのベンと選手達とマネージャーは、お金持ちのロティの両親が手配してくれたプライベート飛行機でシアトルへと向かう。

オープニングは、雪の森を裸足で走って逃げている一人が、罠に落ち、何本もの杭に刺さり死亡。

そして、エンディングでは罠に落ちて殺した一人を食べる一同。皆、動物の毛皮やマスクをかぶっており、誰が食べていてるのかは分からない。

【2021年】

事故から25年。ジェフと結婚して生意気な16歳の娘がいる専業主婦のショーナ。平凡な生活に不満はないが、満足もしていない様子。

タイッサは、ニュージャージー州の上院議員の選挙を控えている。同性愛者の彼女は、シモーヌと結婚しており、5歳位の息子のサミーがいる。

元マネージャーのミスティは、老人ホームで看護師として勤務しており、相変わらず変わった人物の様だ。

そして、薬中でリハブにいたナタリーは退所をする。

彼ら4人は、遭難したあの山で救助されるまで、19か月も生き延びた生還者であり、そしてどうやって生き延びたかは誰も口を割っていない。

相関図

イエロージャケッツの主な登場人物の簡単な相関図を作ってみました。(次回は1996年の相関図をアップします)

Photo@sho.com/

ショーナ、タイッサ、ナタリーとミスティは25年前の飛行機事故で遭難し、生還した人物達。

ミスティは当時のサッカーチームのマネージャー。

ジェフも同じ高校の同級生で、ショーナと結婚し、今は2人の間に16歳の娘がいる。

感想

イエロージャケッツ。

もろ、ビンジウォッチングできるドラマ。

2021年には、ジュリエット・ルイスにクリスティーナ・リッチー。そして、ミラニー・リンスキーが生還者を演じていて、そこも満足だけれども、

1996年の高校生の女子ならではの、いびつで壊れやすい関係性なども面白い。

昔も今も変態ミスティは見ていて面白いし、2021年、誰もが彼らが生き延びた理由を知りたがっており、これが世間にばれたらどうなるんだろうって見てて思う。

シーズン2も制作が決まっており、サスペンス好きにはおすすめなドラマ。

【イエロージャケッツ:第2話

コメント

タイトルとURLをコピーしました